高齢者の医養総合評価及び健康ファイルシステム

わが国の人口高齢化が日々深刻化に伴い、当社は高齢者の全体的な要求に応じて、始めて「高齢者医養総合評価システム」を作り、そしてデジタルソフトシステムを開発し作成しています。専門資格を持つ医師、看護師、リハビリ医師、栄養士、ボランティアなどの多学科混成評価チームを作って、ご高齢者様に「医学評価」、「総合能力評価」、「栄養評価」、「安全評価」と「リハビリ介護評価」の5つの評価内容、そして入院評価、定例評価と即時評価の3種類の評価を行い、ご高齢者様の心身、心理、社会参加などの各方面機能を全面的に把握し、医療・養護の一体化サービス且つ全方位・総合的な介護計画を立てて、それによって高齢者医養サービスが全体化、精確化、個性化になるという目的を実現します。ソフトウェアシステムは、国家ソフトウェア著作権認証を取得しました。当社は2015年に杭州市江幹区緑康養老サービス評価センターを登録し設立しました。

コミュニティや在宅養老サービスの需要に応じて、当社は2017年に「高齢者身体能力需要評価」APPを開発し、スマホを通じて便利に評価できるようになりました、評価データもパソコン端末にまとめて分析でき、コミュニティや在宅のご高齢者様の身体能力や、需要の評価要求を満たしました。養老ビッグデータの構築、政府の補助金支援、養老資源の配置、養老産業の発展、長期介護保険の実施などに対しては重要且つ便利な評価ツールになります。

国家ソフトウェア著作権認証及び緑康養老サービス評価センター

前へ戻り

©2017 浙江緑康医療養護投資管理株式会社 著作権所有


上部

戻る