国務:医養連携のブラックリスト制度を確立し、利益率に対して管理を行う

時間を発表する:2018-09-06

最近国務院事務庁が印刷する「医療衛生業総合監督制度の整備に関する指導意見」は、大健康産業監督のトップデザインです。<老友邦>編集は「意見」の全文を整理し、いくつかのポイントをまとめました。

医養連携のブラックリスト制度を確立します

監視メカニズムを革新する、「意見」は、健全な医療衛生産業の信用メカニズムを確立すると指摘しました。医療衛生業の行政許可、行政処罰などの信用情報を全国の信用情報共有プラットフォームに取り入れます。

医療衛生機構及び医療関係者の不良執行行為記録制度を確立します。執業のアクセス登録を完備し、不良執行行為を基礎とする医療衛生業信用記録データベースを整備します。

医療衛生業のブラックリスト制度を確立し、失信行為に対する記録、公示、事前の警戒を強化します。そして法に基づいて懲戒体系を確立し、「一ヶ所の違法、至る所に制限を受ける」を実現させます。

「意見」は、革新的な監督管理メカニズムを明確に提出し、7つの方面の監視メカニズムを革新し、規範化した行政執行法を整備し、厳格な規範を確保し、公正な文明の執行法を確保します。全面的に「双ランダム、一公開」の抜き取りメカニズムを推進し、重点機構に対して調査力を強化し、医療衛生業の信用メカニズムを確立し、信用記録アプリケーションを強化します。情報公開メカニズムを整備し、関連情報を定期的に公開し、リスク予知と評価メカニズムを確立し、現代の情報技術を駆使して問題を発見し、重大なリスク防止能力を向上させ、グリッド化管理メカニズムを形成し、オンライン上・下で一体化した監督方式を確立し、総合的な監督管理結果の共同運用メカニズムを確立し、監督管理結果を運用します。

非営利医養護機関は配当をしてはならず、営利性医学機構は利益率を制御する

非営利性と営利性医療機関の分類管理要求を厳格に実行し、非営利性医療機関の資金の余剰金の使用などの面での監督管理を強化します。その所得収入は規定の合理的な支出に合致したほか、医療機関の継続的な発展にしか使用できないし、経営目的に違反してはならず、収支余剰金をを配当や偽装配当に使わってはいけません。

営利性医療機関の利益率に対する管理を強化し、法に基づいてサービス価格などの情報を公開します。医療機関に対して患者の権益を損害し、不当な利益を求める場合には、法に基づいて処罰します。

全業界全体過程の監視は厳しい、公立病院は管理と処理を分かればビジネスチャンスが生じます。

全過程の監視を強化することを明らかにし、7つの重点分野「1最適化、6強化」に対しての具体的要求を提出します。

「1つの最適化」は、医療衛生サービスの要素を最適化し、行政審査制度の改革を速めます。

「6強化」は、医療サービスの質と安全管理を強化し、医療品質と安全管理の中核制度を厳格に実行し、医療衛生機構の監視と管理を強化し、医療機関の分類管理要求を厳格に実行し、公共衛生サービスの監視を強化し、サービスレベルの向上を推進します。医療衛生従業員の監視を強化する、違反行為を厳しく調べる、医療衛生サービス業の秩序管理を強化し、共同監督の検査力を強化します。健康産業の監督管理を強化し、慎重で有効な監視メカニズムを確立します。

医療衛生機構は本機構の法に基づいて執業し、サービス、サービスの質と安全、行風建設などの主体責任を担う、主な責任者は第一責任者であります。

医療保険の監督管理を医療関係者の医療サービスに延長する効果的な方法に対して積極的に模索しています。詐欺行為を厳しく打撃し、治療金を騙す行為に対しては、法に基づいて処罰を強化し、医療保険基金の安全を保障します。

法に基づいて管理し、現地化して業界全体の管理を行うことを主張します。法に基づいた行政を推進し、法律執行を規範化し、政府の医師職責と医療衛生機構の自主運営管理権限を合理的に定義し、医療衛生管理責任を明確にします。

公立病院の管理分離の有効な実現形式を積極的に模索し、政府及び関連部門の管理権力と職責を明確にし、決定、実行、監督相互の分業、互いにバランスのとれた権力運行メカニズムを構築します。あらゆる医療衛生機関は、所有制、投資主体、所属関係と経営性質を問わず、いずれも行政部門(漢方薬管理部門を含む、同じ)の統一的な管理を実行します。















©2017 浙江緑康医療養護投資管理株式会社 著作権所有


上部

戻る