第4回長期看護国際会議がオーストラリアニューサウスウェールズ大学で行われました。——董事長の卓永岳は会議に出席してテーマスピーチを発表しました

時間を発表する:2018-08-07

8月1日、第4回長期看護国際会議はオーストラリア新南ウェル土大学AGSMビルで盛大に開幕しました。中国社会福祉と養老サービス協会の医養連携分会会長、浙江健康サービス業促進会医養育専門委員会主任委員、緑康医養集団董事長の卓永岳が開幕式と初日の「工業日」イベントに出席しました。中国緑康医養融合サービモードは世界トップの専門家、学者や産業界プロの方から数多くの注目を受けました。



第4回長期看護国際会議現場


Hanmonfcare(最も専門的な老年痴呆の看護機関)Andrew Cole教授の講演

人口の高齢化に伴い、アジアの長期的な介護需要の発展速度は非常に速いです。オーストラリアの国家人口高齢化研究卓越センター(CEPAR)主任のジョン・ピッグット(John Piggott)は、2050年までにアジアの80歳以上の人口は2倍になる見込みで、そのうち中国は1.2億人に達すると表示しました。これらの80歳以上の老人の中の6000万~7000万は2035~2050年の間に増加しており、これは長期的なケアニーズの爆発期であり、政府、企業、個人も十分な準備をして対応する必要があります。

長期介護は、高齢化に対処するグローバル的な重要な課題であり、世界で発展が最も速い業界の一つでもあります。第4回長期看護国際会議は2007年にドイツ・ベルリンで始まった3年開催される第4回会議でございます、前の3回はアメリカ、中国香港などで行われました。今回の会開催される会議はニューサウスウェールズ大学商学院と人口高齢化研究卓越センター(CEPAR)が主催し、「老化と配慮:グローバル挑戦と反応」をテーマとし、学者、政策制定者と業界の指導者を集め、長期介護の新しい方向を検討して、政策の動きと業界と投資の要求の間の協調に重点的にフォカスしています。人口高齢化研究卓越センター( CEPAR)主任John Piggott教授、ニューサウスウェールズ大学研究員、CEPARセンター研究員Bei Lu博士、Hanmonfcare教授(最も専門的な認知症の介護機関)AndrewCole教授、オーストラリア貿易投資委員会世界市場アジアの責任者劉兵先生、中国人民大学副校長、中国人民大学の老齢学研究所の所長、高齢化研究国際指導者の杜鵬教授、中国国際養老院院長協会の執行会長の劉蕴華及び世界銀行社会保障アジア太平洋地域の主任、オーストラリア商務部の役人、そしてオーストラリア、中国(香港を含む)からの養老産業と学界代表百余人が出席し、中澳及びアジア太平洋地域での養老産業の協力と発展を検討しました。オーストラリア関連の養老機関と中国からの緑康医養集団を含む養老企業、機構などと交流を深めてきました。学術会議はさらに、予防から具体的な介護までの一連の長期介護の最新の研究成果がカバーされています。

聞くところによると、人口高齢化研究の卓越センター(CEPAR)は、オーストラリアひいては世界のハイ・レベルの専門の高齢化を研究する総合プラットフォームです。このセンターはシドニーのニューサウスウェールズ大学、オーストラリア国立大学、メルボン大学に位置して、シドニー大学と西オーストラリア大学に支店があり、政府、工業、国際組織と協力関係を構築しました。このセンターは、オーストラリア研究理事会が提供した7年の援助と、協力大学とパートナー組織の支持の下で、2011年3月に設立して高い影響力を担う独立多学科研究を行い、人口高齢化の分野で研究能力を確立しています。

「工業の日」は業界参加者や学者のために、長期的な介護の最良の実践と革新モード、未来の挑戦とチャンスを把握するコミュニケーションのプラットフォーム、そして参加者に業界協力の潜在力を発掘する機会を提供しています。董事長の卓永岳は「工業の日」活動に参加し、「緑康医養の発展モード」、「康医養養の国際協力」、「国際協力のビジョン展望」の3つの内容をもとにして、「老年ケア:緑康医養モードと協力のビジョン」のテーマにしてスピーチをしました。東南アジアやニュージーランドの健康指導者、普華永道アジア太平洋保険戦略責任者Sarah Butler先生、Provectus Care Groupの常務理事Shane moran博士、ニューサウスウェールズ大学の、Professor Branko Celler教授、台湾長期介護協会の林函雅などの専門家、学者は長期介護の分野の将来の発展過程におけるチャンスと挑戦を深く検討しました。



董事長の卓永岳はテーマスピーチをする

卓永岳は「医養連携」の分野で12年にわたる積極的な探索を経て、緑康医養集団は「公建民営、民事公助」、「医養の連携、リハビリ・養老・障害者応援」の施設モードを革新して、経験豊富な「医、養、護、康」の専門チームを持ち、能力・知能を失った老人、養老セルフケア、体の半分不自由の老人、障害者(知能障害、身体障害、精神障害を含む)、慢性病や臨終ケア患者など高齢者のために全方位の老人養老サービスを提供しています。現在、会社は17社のリハビリ医療機関、9社の養老助残サービス機構の優良品質のプラットフォームを持っていて、すでに養老、医療、リハビリ、介護、教育、科学研究、文化、老年用品の研究開発や貿易などの八大分野の健康養老産業チェーンの国際化、グループ化会社に成長しました。

近年の緑康医養は日本、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアの関係機関、高校、企業との連絡と協力を確立したと彼は表示しました。国際先進技術やモデルの導入、消化、認知症介護センターと協力して、統合型医学の結合と協力して、老人のケアニーズに合う商品の開発協力、そして長年の国際会議のフォーラム、人材育成、情報交流などを通じて、緑康医養は全方位の国際協力の能力と上質な国際協力交流プラットフォームを持っています。次のステップは国際交流協力のペースを速めて、全世界の高齢化の背景の下で医学の養護の分野のために中国の知恵と緑康方案を提供します。

これは、董事長の卓永岳が2017年10月にフランスエクスライバン市(Aix - les - Bains)で第1回法医学部健康管理及び健康高齢化フォーラムに出席し、テーマスピーチをした後、再び養老サービス分野の重要な国際会議に出席しました。フォーラムの現場で、中国の緑康医養の融合サービスモードは会議の専門家、学者や業界大カレーたちの注目を集め、会議の後に董事長卓永岳と経験などを交流し、協力の意向を伝えました。

董事長の卓永岳とオーストラリア最大のグループ会社——常務理事長のProvectus Care Groupとショーン・モラン博士は快く話をする

董事長の卓永岳は参加する専門家、学者と交流してグループ写真を撮る

©2017 浙江緑康医療養護投資管理株式会社 著作権所有


上部

戻る