杭州緑康老人リハビリテーション病院

杭州緑康老人リハビリテーション病院は、緑康医療・介護グループの所属で、杭州市江乾区衛生局の许可があり、高齢障害者を介護対象にし、医療、リハビリ、介護を一体化した「公建民営、民創公助」「医療と介護を組み合わせ、老人や障害者のリハビリまたは介護を全面的に提供する」のプロジェクトを実施した浙江省初の高齢者リハビリ医療機構です。杭州緑康老人リハビリテーション病院は、浙江省、杭州市では退職政府役者の医療保険、都市労働者医療保険、都市住民の医療保険の指定機構になりました。二級総合病院と認定されました。

病院の機能施設は整っており、内科、外科、漢方医科、リハビリ医学、精神科、医学映像(超音波、DR診断)、医学検査、心電測定などの臨床及び補助検査科室が設けられています。また、規模のより大きなリハビリ・センターを設置して、運動治療、作業治療、物理因子治療、芸術行為認知治療、言語リハビリ治療、高中低周波数療法、赤外線、磁気療法、パラフィン療法、薬浴、漢方薬薫浴療法、鍼灸と按摩などオリジナ項目を設置しています。

浙江省初の「公建民営、民創公助」「医療と介護を組み合わせ、老人や障害者のリハビリまたは介護を全面的に提供する」の老人リハビリ医療機構として、老人医療・介護サービスの総合評価システムを創始し、標準化及び整体化サービスシステムを構築し、フルコース・ケア、3次元のリハビリと医療・介護一体化のモデルを通じて、高齢者の命と健康、人格の尊厳のケアを重視しています。現在、杭州緑康老人リハビリテーション病院は、ベッド数500床を開放しています。アルツハイマー、長期的な介護とホスピス、老人慢性病の総合リハビリ、精神心理リハビリとの4つの病区を設けています。認知症患者、老人慢性病患者、精神病患者、ホスピス患者を分級管理し、介護やリハビリを行います。それに、病院は多くの省レベルの三甲病院と緊密に協力し、グリーン通路を開通し、両方向に自由転診も実施しています。

病院は、正確的、プロ、革新的なサービスで社会各界に認められており、2008年にも、国家民政部、中国の高齢化事業発展基金で初の「全国愛の介護プロジェクトの模範基地」に入りました。2009年に国家老人委員会によって「全国の老人介護サービスの安心機構トップ10」に選ばれました。2011年、国家衛生部の「医療革新賞」を受賞しました。2017年に1月にも 病院は、国家民政部に「民政標準化模範機構」と認定されました。2015年の11月に民政部、教育部に「全国老人介護サービス研修基地」と指定されました。

病院は、いつも「子供の親孝行を助け、父母の困難を解決し、政府と党の心配事を解消する」という緑康の企業の使命を守り、中華孝道文化を発揚し、心から患者の健康を守り、「お年寄りに最も信頼されている健康の守り神」という目標に向かって頑張っています。その同時、杭州市第二社会福祉院と西湖区社会福祉センターにで分院区を設けて、福祉施設におられる高齢者、障害者にも「緑康同質」のサービスを提供しています。

場所:浙江省杭州市江乾区丁蘭街道沿山鮑家渡3号

電話:0571−85831601 / 85831616。

ホームページ:http://www.lvka.cn/。

戻る

©2017 浙江緑康医療養護投資管理株式会社 著作権所有


上部

戻る